結婚内祝いTOP

結婚内祝いとは

結婚や出産など、おめでたいことへのお祝いを戴いた後、そのお返しとして贈られるのが「内祝い」です。

本来の意味としては、その文字通り、「内(自分のところ)のお祝い」という意味で、我が家におめでたいことがあったから、その喜びの気持ちを祝い品に変えて皆様におすそ分けし、一緒に喜び祝ってもらうということでした。そのため元々は、おめでたいことがあったら、お祝いを戴く前に内祝いを贈るというのが一般的だったようです。

現在では、披露宴に招待できなかった方や欠席された方からお祝いをいただいたお礼として贈るお返しという考えが一般的です。いただいたご祝儀に対して引き出物の金額が不十分であった方へのお返しや披露宴に参列された方でも、いただいたお祝いの額が大きい場合などには内祝いを贈ります。

知識・マナー

訪問して直接手渡すのが正式ですが、宅配を利用しお送りすることが多くなっています。その場合は、お礼状、メッセージカードなどの添え状をつけると喜んでいただけます。品物に封書のお礼の手紙を添えるか、別送で品物よりも先に先方に届くようにします。

選び方のポイント

内祝いの品は柄や数も縁起の良いものが良いとされています。奇数が慶事にはふさわしく、三・五・七は吉数、四・九は凶数です。伝統的なお祝いの品として、夫婦の象徴である鰹節や、よろこんぶなどの語呂合わせで縁起物とされている昆布などがあげられます。

のし

のしは、紅白結び切り(10本)、またはブライダルのしをご選択ください。「結び切り」は一度結んだらほどけないことから、結婚内祝い、快気祝いなど、二度と繰り返されないことに使います。表書きは上に「寿」「結婚内祝」「内祝」 など、下に新しい姓に夫婦の名前を連名、または両家の名字を記載するのが一般的です。

贈る時期・金額

いただいてから1ヶ月以内にお返しするようにしましょう。結婚式に招待した方への内祝いは、引き出物がこれにあたりますので、基本的には贈り物をする必要はありませんが、いただいたご祝儀に対して引き出物の金額が不十分であった方へのお返しや披露宴に参列された方でも、いただいたお祝いの額が大きい場合などには内祝いを贈ります。

内祝いには、いただいたお祝いの半額程度の品物を用意するのが一般的です。目上の方からいただいた場合・高額な品物をもらった場合はいただいたお祝いの3分の1程度の品物でもよいとされています。

結婚祝いオススメギフト

こちらの商品は全て熨斗・包装・紙袋対応可能です。


のし


楓

「ちりめん山椒」「きんぴらまぐろ」人気の2種にお祝い事にも嬉しい「松茸昆布」がセットになった贅沢なご飯のお供詰合せです。白を基調としたシンプルな扇柄パッケージで、お取引先への手土産としても多くご利用いただいております。上司など目上の方や、お相手のご両親など、ご年配の方へのお返しにも喜んでいただけます。

ご注文はこちら





幸福

「ちりめん山椒」「きんぴらまぐろ」「松茸昆布」「鯛そぼろ」「しば漬けちりめん」「梅ちりめん」の定番6種の商品を二段のボリュームでたっぷりご用意いたしました。開封までは常温でお運びいただけるので、直接ご挨拶にお持ちする手土産としても人気の一品です。

ご注文はこちら





糺 三段

ブライダルでご利用をお考えのお客様へ、下鴨茶寮の定番のお品をたっぷりとお楽しみいただけるおばんざいのセットをご用意いたしました。紅白の帯で見た目にもインパクトのある三段の大ボリューム、最上級のお礼の気持ちを込めて、とびきりのギフトを贈りたい方にオススメの商品です。

ご注文はこちら





合鴨と葱の贅沢焼 昆布〆

国産合鴨と葱の旨味を贅沢に。特製のまろやかな「旨みたれ」、あっさり風味の「香りぽん酢」につけてお召し上がりください。新しいものがお好きな方にもおすすめです。

ご注文はこちら
鯛、鮭、平目、海老と野菜を北海道産の昆布で挟み、熟成させました。昆布は発音が「よろこぶ」に通じるため、縁起物とされています。グルメな方も納得の一品です。

ご注文はこちら
結婚祝いオススメギフト

紅白ちりめん 二選「ちりめん山椒・きんぴらまぐろ」 料亭のご馳走 特選

きんぴらまぐろ木箱 料亭のご馳走 喜 味噌漬け50

料亭の昆布〆 酒肴ギフト 味噌漬け100


その他のギフトはこちら
下鴨茶寮ギフト